人生を少しでも楽しくする blog

エンタメは活きる力

仕事は行けば何とかなる?

なんとかなるか?

 

朝、起きて鬱っぽくて仕事に行きたくないとかはまあ誰でもあると思う。

 

だが、たいがい行けば何とかなるものだ、職場には嫌いな上司だけがいるわけでもないし(嫌いな上司と二人きりとかの人はのぞく)仲のいい人と話すと気がまぎれる。

 

そして、自分のやるべき仕事をこなしていくと、鬱な気分も和らいでいくものだ。

 

が、しかし仕事に行ってはいけない人がいる!

そう、本物のうつ病の人だ、そういう人は早く精神科に行って薬をもらい、会社を強引に休職、傷病手当をもらって治るまで適当にすごすのがベストだ!

 

ああ、上の行動がとれる勇気がほしい、悟空おらにも元気をわけてくれ。

言の葉の庭が綺麗

とてもきれいな映画だなと思った。

 

あまのじゃくなところがあるので、君の名はとか、天気の子をすぐに見なかった。

 

しかしこれだけ人気な監督でヒット作、とうとう見ることに、、、

 

 しかし、すぐ天気の子を見るのではなく、この監督の別作品であるこちらを見た。

 

単純に綺麗~のちに天気の子と、君の名はも見たが、こっちが断然いいと思う。

ストーリーも鬱っぽい自分にもってこいの話、やっぱりしんどい時は、仕事や学校をさぼるのもたまにはありだよね~って感じに思える。

 

話が短いのもいいかな~声優さんも、今大人気のお二人と申し分ないし、先週見たけど

今日もまた見ようかな?笑

すごく嫌いだった仕事を退職した日

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

すごく嫌いだった仕事がある、2年くらいいただろうか、まあ普通にブラックっだったし、大嫌いな年下上司、変なパートと辞めたくてしかたなかった。

 

そんなこんなで働いていたが、ほんとに嫌になって嫌いな年下上司に報告、退職しますとはなした。まあ、理由は色々尋ねられるし、引き留めもあったが気持ちは変わらない。

 

それから辞めるまで3か月くらいか、嫌味も言われたが辞めれるので超ハッピー!

 

そしてやってきた退職日、会社を出たとき、まあ夕方だったと思うが信じられないくらい空が青く綺麗だった、あんな綺麗な空見たことないくらい。

 

もうここに来なくていい、嫌な奴らに合わなくいいと思うとうれしすぎた。

 

あの日がまた来るかも、、、、今の仕事嫌になってきた、、、。

 

 

鬱のときに見える世界の色

鬱になった時の世界

 

体験者ならわかるだろう、うつにどっぷり入っていると認知が歪み、すべてはネガティブな思考に陥り世界は灰色になる。

 

とにかく起きたことすべてダメな法に考える、1回成功してもまぐれ、失敗するといつも自分は失敗するといったように。そしてこれはこれからいつまでも続くと。

 

それが薬を飲んで調子がよくなると、灰色の世界に色がつき、考えがポジティブになる、なにを自分は悩んでいたのだろうと、、、もう大丈夫だ、自分の鬱は治ったんだと。

 

が、しかし、治ってなどいない、また灰色の世界はやってくる。

しっかり薬を飲むしかない、そして生活を整えていれば脱出できる日が来る。

 

 

気を付けたい、またあの灰色の世界を信じないためにも。

 

 

 

うつが治った状態

うつ病を患ったことがある。

 

あの時は色々なことを試して自分なりに、何をしたらよかったか話してみたい。

 

自分はとにかくいいと言われるものはなんでもやったので、まああくまで自分の意見だが、運動、朝日を浴びる、仕事を休む、精神科に行き薬をもらう、漢方薬を飲む、カラオケ、森田療法、うつが治るといった本を読む、音楽を聴く。

 

結果一番いいのは精神科で薬をもらって飲むだった。

あとのはいいのかもしれないが即効性もなくよくわからないのが本音。

 

そしてこれが大事だがうつ病は、気付いたら治っていたというのが事実、、、

 

うん、ここでピタッと治ったといったものではない(なんでもそうか)

 

ここで問題が、、、、ちょっと再発してる気がする、そう治ったと言ってもうつ病は癌と一緒で一時収まってふつうの生活を送れるが、またストレスなどで再発するのである。

 

ああ~やだやだ、仕事いきたくないし、休みたい、休もうかな!!

 

 

 

 

 

 

初のインターネット

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

自分が初めてインターネットというものを見たのは友達の家だった、今にして思えばそのときの通信速度が遅い遅い!

1枚の写真がデータで送られてくるまでに何分かかったことか、、、

 

そして通信料もばか高かった、それからテレホーダイISDNADSLと通信料が安く早くなっていったのは本当にうれしく、ネットゲームなども流行りまくり、自分もディアブロファンタシースターFF11とやりまくったものだ。

 

 いまはどうだ、すごい今のゲームすごすぎる、どれも面白いし綺麗だ。

 

が、しかしヒット作は生まれるが、すぐ過疎る気がする、、、

と、思うのは自分だけだろうか?

 

スシローとかっぱ寿司

今週のお題「寿司」

 

自分はスシローが大好きなのだが、この前近所のカッパ寿司にいってみた。

 

スシローは違うと思うが、カッパ寿司は回転レーンの上には、注文された寿司しか流れてこなかった、今みんなそうなの?

 

そこでなんとまあ、結構あることだろうが自分が頼んだものを前の人がとってしまうのである(悪気はないと思うが)しかも帰るまでに4回撮られた、、、、

 

同じものを注文しなおすのだが、俺はさっきのタイミングでカッパ巻が食べたかったのに頼みなおすとなんか違うのである。

 

ちなみに自分はこのミスを1回もしたことはない!と、断言できるがとったことあったらごめんなさい。